ヘキサチューブ TOP効果とコンセプト > ヘキサチューブ18年の歴史 -開発の経緯と現状-


「ヘキサチューブ18年の歴史」 
        -開発の経緯と現状-

〔2.日本での最初の調査と紹介〕 1992年

平成4年度の
「多様化森林造成技術開発調査報告書」(林野庁)によれば、
京都大学元助教授の赤井龍男氏により、
アメリカ・カナダにおける植栽木へのツリーシェルターの使用が
紹介されています。
その後、93年にフランス、95年にイギリスでの使用も
調査されています。














       (写真 アメリカ・ウェストバージニア州1994年撮影)


ヘキサチューブ TOP

効果とコンセプト