ヘキサチューブ TOP ツリーシェルターの製品条件 > ヘキサチューブ

海岸林用チューブ 保安林改良用チューブ 治山緑化用チューブ 土木・砂防用チューブ 造園用チューブ 植樹祭用チューブ

「5年以上確実に苗木を保護し続ける為に」

専用固定具(リング・固定紐)

チューブと支柱を固定する方法に関しても
様々な検討を行なっています。
チューブや支柱と同様に、
十分な耐候性・耐久性が要求されます。
少なくとも、
5年は劣化せずチューブと支柱を
しっかり固定するものでなくてはなりません。
大きくなった苗木が十分に自立するまで
支えなくてはならないからです。

以下に、代用品で施工された代表的な事例を
ご紹介いたします。
 

 

 

麻縄

耐久性に問題があり、せいぜいもって2年です。
また、いくらしっかり縛っても、
直ぐに緩んでしまうことが多く、
ずれおちてチューブが倒れている
ケースがまま見られます。

針金

これも耐久性に問題があります。
短期間で錆びてちぎれてしまうからです。
劣化の速度は針金の細さに比例しますので、短期間で錆びてちぎれないように太い針金が必要ですが、扱いにくく縛りにくいという問題がありますし、いつまでもつかは非常に疑問です・・・2年以上もつでしょうか?

PP紐

約半年で劣化し、ちぎれてしまいます。
チューブと支柱を固定するには最も不向きです。
使えば必ず失敗します。

 



麻縄で縛ったが滑り落ちて・・・


PP紐が短期間でちぎれて・・・
Q.チューブに穴を開け、
穴に固定紐を通して支柱と縛るほうが
設置は楽だと思うのですが・・・?


A.風・雪など自然条件が厳しく実用的ではありません。

穴を開けた場所はチューブの強度が一番弱くなります。
風・雪で引っ張られた場合、その場所からちぎれるなど、
長期間保護目的に適しません。

*3年程度の保護で良いと言うお客様には「低コストチューブ」を容易しています