TEAM FOREST FREAK 

植栽データ 平成16年2月29日植栽
コナラ・クヌギ・トチノキ・ヒメシャラ・ホオノキ

植栽の目的 ・・・以下 TEAM FOREST FREAK ホームページ 活動日誌 より抜粋

 「間伐遅れの人工林と、その周囲の手入れが滞った林班(面積約0・9ヘクタール)を一体の森として整備することで公益的機能を高め、多様性に優れた「環境林」へ誘おう。そんな目的でTFFが2003年度からスタートさせた。
 地域の人々は、
この林班直下から湧き出す水「福泉」を大切に守ってきたが水量が減ってしまったため、水源涵養機能の向上による湧水復活を狙う。
 【1】杉・ヒノキ林の間伐
(面積約0・7ヘクタール)
 【2】尾根筋に繁茂したアズマネザサの除伐・地拵え・落葉広葉樹の植栽(面積約0・2ヘクタール)
 【3】杉・ヒノキ林の枝打ち-を
2004年2月までに実施した。
鎌倉市今泉
 2004年2月29日撮影
2004年8月8日撮影
 
写真提供 TEAM FOREST FREAK 代表 緒方さん

正直のところ、トチノキ、ホオノキの2種は葉が大きく、シェルター内での成長はそれほど良くなかったとの報告を受けている。