ヘキサチューブ TOP > 府県別実施例 > 兵庫県 > 加美町 予防治山事業


兵庫県加美町・・・予防治山事業


植栽データ 北緯 35.10.52.10 東経134.56.07.46 標高 約279m

平成11年3月 スギ植栽

平成12年3月 スギ植栽
平成13年3月 スギ・サクラ植栽

予防治山事業
ダムの完成に合わせて毎年法面に植栽
レポートは代表して平成13年3月植栽分のみ・・・最後の植栽
マップ
2001年3月13日撮影
治山ダム建設に伴い発生した盛土法面にスギ・サクラを植栽。
植栽時の樹高は、スギ・・・30cm  サクラ・・・70cm。
植栽とヘキサチューブの設置に立ち会う。
森林組合の作業班の方の植栽は非常に丁寧であった。
このような方々に植栽事業は支えられている。
2001年11月1日撮影
サクラはチューブを越えて成長。上部からシカの食害を受ける。
スギはサクラ程ではないが1m近くまで成長。
上部からの食害を回避するため、当年12月に一部チューブを継ぎ足し、高さ180㎝とする。
所有者の方の要望による。
(低い位置での食害は問題であるが、チューブ高140㎝での食害については近々回避できると思われ、上部からの食害については問題無いと言うのが当社の考え方である)
2002年9月26日撮影
チューブは継ぎ足されることによって180㎝になっている。
半分は140㎝のまま。
継ぎ足したものについてはもう上部からの食害は見られない。
サクラはチューブを越えて大きく成長。
スギもチューブを越え始めている。
継ぎ足していないものについては、まだ食害を受けているものがある。
活着は非常に良好で枯死はほんの僅かである。
2003年6月17日撮影
更に大きく成長。
この後、残りの大半のチューブに継ぎ足しを行なう。
所有者の意向による。
2004年7月14日撮影
更に、更に大きく成長している。
植栽後3シーズンの経過であるが、チューブの成長促進効果が顕著にあらわれている。
継ぎ足しを行なわなかった個体についても大きく成長した。
法面の早期樹林化に向けて大きく前進した。

ヘキサチューブ TOP

府県別実施例

兵庫県