ヘキサチューブ TOP効果とコンセプト  河川・土木・道路に使う > 盛土法面・残土処理場

 草も生えないような場所で木を育てる

砂防ダム・治山ダム工事箇所に発生する盛土法面、
工事残土や産業廃棄物処理場の樹林化は困難を極めます。

重機が圧密した土壌。
植生の侵入もなく、地肌がむき出し。
雨が降ると水が溜まり、晴天が続くとカラカラに乾燥。

せっかく植栽したのに、
「成育が良くない」、「枯死した」など経験された方は少なくないはず。

このように草も生えない場所で木を育てるために、何に注意を払えばよいのか。

ここでは、ヘキサチューブの現場の様子を見ながら、
盛土法面・残土処理場の樹林化を確実にするための方法を探りましょう。

   

1.盛土法面の特徴  盛土法面
①重機で土壌(盛土)が踏み固められる
②根が張りにくい土壌になっている
③水の浸透しにくい土壌になっている 
④降雨時は水が溜まりやすい 
⑤無降雨時は乾燥しやすい 
⑥乾燥と過湿が起こりやすい
⑦苗木の生育に厳しい環境

2.盛土法面での植栽注意事項 
   ①堅く締まった土壌を十分に掘り返す  ②30cm?30cm?30cmの植え穴を掘る 
①堅く締まった土壌を十分に掘り返す  
②30cm×30cm×30cmの植え穴を掘る
③できるだけ傾斜に植えるようにする 水が溜まりにくいようにするため。
平坦地に植える場合、高植え・排水溝を作るなどの処置が必要 (水が溜まらないように) 
④深植えにならないように注意 根の窒息に注意。 植え穴は深いので、穴に入れてそのまま埋め戻すだけでは深植えになり、根の窒息の原因。
             踏み固め作業時、苗木を揺すりながら上にあげるようにする。
⑤植え穴に埋め戻す土は、細かくほぐすこと。
3.盛土法面でのツリーシェルターの効果  
①野生動物の食害から苗木を防止する
②風から苗木を保護し苗木の水収支を改善する
③雨を、周囲に比べ、より長い期間保持できる  
④早期成長、早期樹林化できる
⑤草も生えないような場所の早期樹林化