■シェルターに名札を付けましょう

自分の植えた木を探すのは楽しい。
毎年成果を確認できます。
■シェルターで植栽木の消失を防ごう

植栽後の頻繁な見回り・メンテナンスは
ツリーシェルターにお任せ
■真の森づくりを目指しましょう

「育てる森づくり」が真の森づくり。
植えるだけの森づくりは卒業しましょう
1.活用実施例  
森の安全を考える会 (直接リンク) どんぐりモンゴリ 兵庫県猪名川町 
兵庫森の祭典2002
第51回 大分県全国植樹祭
平成12年4月
漁民の森 平成17年度
石川県加賀市浜山国有林 海岸防災林造成
TEAM FOREST FREAK ツキノワの会 ヒマラヤン・グリーンクラブ
(パキスタン トンガル村 ヒマラヤ)
ローソン緑の基金 熊森協会(兵庫県朝来町) 南砺の山々を守る植樹祭
2.コンセプト 「育てる」ボランティア植樹を実践する
【1.拡がりを見せるボランティア植樹】

全国各地で大小様々なボランティア植樹が行われています。
国有林関係がが主催するもの、自治体関係、市町村関係が主催するもの、各種基金、地域のボランティアによるもの 等々。
国土の7割を占めるにも関わらず軽視されがちな森林にとって、心強い活動だと言えます。

【2.植えた木が育たない...翌年には消失(枯死)している】

ツリーシェルターを採用していただいたお客様にお話を伺うと、主催者の深刻な悩みが聞こえます。

「シカ・ウサギの食害にあっている」「正しい植栽方法が徹底できない」「良い苗木が揃わない」「思ったより気象環境が厳しい」
等々、「集まって植えてもらったのに、翌年見たら目を当てられない状況で...」

【3.植える楽しみから、育て見守る喜びへ】

せっかく植えてもらった苗木、確実に育てて、翌年以降も見に来てもらいたい。
自分が植えた木が、根付き成長していく様子を見守って欲しい。
そして、地域の森林への関心を持ち続けて欲しい。

これが、ツリーシェルターを採用するボランティア植樹主催者様の切なる願いです。
3.ツリーシェルターのメリット
「植栽木のストレスを解消・生育を助ける」「誰が植えたかわかる目印になる」「植える楽しみ・育て見守る喜びを実感できる」