ヘキサチューブ TOP > 営業マンのつぶやき


2010.06.14 「枯らすか、生かすか」


本当に良くある話。
とある県のA農林・・・
  「クリは良く伸びたが、モミジはチューブと相性が良くないね~。皆枯れちゃった」
同県のB農林・・・
  「モミジは良く伸びたが、クリはチューブと相性が良くない・・・蒸れるよ!!モミジは・・・」

蒸れません、各種苗木は実績があるから見て欲しいと、いくら言っても、
こうなると中々聞く耳を持っていただけません・・・

どんな製品でも正しい使い方と言うものが存在し、
正しい使用方法を外すと、成果は出ないものです。

ここで、一つ良い例ができましたのでご紹介。

長野県 和田峠1 と 和田峠2です。
植栽時期、植栽樹種は同じ。
ただ、1と2で活着は異なる。

枯死にチューブが影響しているのか?

結論は土壌条件(土壌水分条件)の違いです。